染谷俊
抽象的な色

​MAINSTAGE

染谷俊

 

1968年2月22日生まれ。東京都出身
物心ついた頃からピアニストとしての英才教育を受けて育つ。
17歳の時、ラジオから流れてきたロックンロールに衝撃を受け、自分自身の歌を創ることに目覚める。
音楽大学ピアノ科に入学し周囲の期待を背負うが、強い反対を押し切り、卒業後はクラシックではなく自らの歌を歌っていくことを決意。
1993年、EPIC SONYより「崖っぷちの少年」でデビュー。
自分の体の一部とも言えるピアノを封印。ギターに持ち替え、どこまでも蒼く、痛々しいほど胸に響く言葉たちに彩られた 4枚のアルバムを発表。
『愛にあいたかった』『僕のたくらみ』『僕の両手』『マーガレット』。そして、ベスト盤『THE BEST“HERE!”』。
2000年より自由度の高い創作活動の場を求めてインディーズへ。
弾き語りライブアルバム『やわらかな革命』リリースを皮切りに、一度は手放した“ピアノ”のとともに新たなる道へ。
鍵盤を叩き、情熱をたぎらせるライヴでの圧倒的なパフォーマンスが、多くの人々の心を惹きつける。

 

http://someyashun.net